うつぶせ寝に拘るなら!オーダーメイド枕はうつ伏せ寝にもおすすめ

うつぶせ寝に拘るなら!オーダーメイド枕はうつ伏せ寝にもおすすめ

みなさんはどんな姿勢で寝ていますか?仰向け寝が落ちつく方、横向き寝が好きな方がいると思います。そして、うつ伏せ寝が好きな方もいるでしょう。うつ伏せになるとすっと入眠できる方が多いです。でも、うつ伏せ寝には賛否両論あるのです。ここでは、うつぶせ寝にこだわる方に向けて、うつぶせ寝のメリットデメリット、そしておすすめの枕についてご説明したいと思います。

 

うつぶせ寝とは?
うつぶせ寝とは、お腹を下にした状態でマットレスや布団に体の前面をつけて寝ることです。枕に頭を乗せた状態もあれば、枕も何も置かずマットレスや布団の上にベターっと寝るスタイルもあります。

 

 

うつぶせ寝のメリットは?

うつぶせ寝のメリットは?
仰向け寝や横向き寝は良いが、うつ伏せ寝は良くないという意見があります。でもうつ伏せ寝にはこんなにたくさんのメリットがあるのです。

 

メリット

安心感があるる

犬や猫はいつもお腹を下にして寝ています。ほとんどの哺乳類はお腹を下にして寝るとされています。野生の世界においてお腹は一番の弱点です。だから本能的にお腹を下にして隠した状態が一番安心するのです。
よく飼い主だけにお腹を見せる犬がいますよね。これは自分の弱点を見せるくらい飼い主を信頼しているというポーズなのです。
この哺乳類の本能という観点から考えると、人間もうつぶせになって寝ることが最も安心できる体勢と言えます。

 

メリット

呼吸が楽になる

うつぶせになると胸が圧迫されて良くないという説もありますが、呼吸が楽になるという考え方もあります。
人間が行う呼吸は「胸式呼吸」と「腹式呼吸」に分かれています。胸式呼吸は胸や肩を使った呼吸ですが、腹式呼吸はお腹を使って呼吸します。一般的に起きている時は胸式呼吸、寝ている時は腹式呼吸になっています。
腹式呼吸はたっぷり息を吸えることから、歌手や声優など声を出す職業の方は起きている時でも腹式呼吸をマスターしていることが多いです。
その他、腹式呼吸はリラックスして呼吸ができる、代謝が良くなる、自立神経が整う、そしてお腹が引き締まるなどのメリットがあります。
うつ伏せ寝をすると、胸が圧迫されることで下腹がふくらみやすい状態になります。そして腹式呼吸がしやすくなるのです。

 

呼吸が楽になることで健康効果も期待できる

睡眠の時の自然な呼吸法である腹式呼吸がスムーズになると、様々な健康効果が生まれます。自律神経が整う、血行が良くなる、疲労回復をサポートするなどの健康効果が期待できるのです。
さらに胸式呼吸から腹式呼吸へのトレーニングにもなります。腹式呼吸をマスターしたい方にもうつぶせ寝は良いかもしれません。

 

メリット

いびきが軽減される

いつも家族からいびきを指摘される方いませんか?うつぶせ寝はいびきにも効果的です。いびきは何らかの理由で気道が狭くなることでスムーズに呼吸ができなくなることが原因です。仰向けの姿勢になると舌が喉のほうに落ち込む傾向になります。舌が気道を狭くしてしまうことでいびきが生じるのです。
うつぶせ寝なら気道が圧迫されたり狭くなることありません。呼吸が楽になることでいびきが軽減されるでしょう。

 

メリット

体がリラックスできる

うつぶせ寝をすることで、全身がリラックスできるというメリットがあります。筋肉の緊張がほぐれるので肩こりや腰痛になりにくいと言われています。

 

このように、敬遠されがちのうつぶせ寝ですが、意外とメリットが多いのです。健やかな体作りのためにもうつ伏せ寝は理想の寝姿勢と言えます。

 

 

うつぶせ寝のデメリットは?

うつぶせ寝のデメリットは?

メリットが多いうつ伏せ寝ですが、やはりデメリットも多いです。

 

デメリット

お肌に良くない

うつぶせ寝の体勢は顔がマットレスや布団、枕などにバッチリついた状態になります。仰向け寝であれば寝具に顔が触れることはありません。
枕や寝具は汗や皮脂で汚れています。そこにずっと触れていることはお肌にあまり良くありません。また清潔な寝具であっても、肌と寝具がこすれて摩擦が起きることで肌は刺激を受けてしまいます。肌荒れやニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

 

デメリット

首に負担がかかる

うつ伏せ寝は首が左右のどちらかを向きますよね。これにより首にかなりの負担がかかることになるのです。首が不自然な傾きになることで背骨の歪みにも繋がるかもしれません。起きた時に首の痛みや肩こりを感じる場合には、無理な体勢でうつ伏せになっている可能性が高いです。

 

デメリット

腰に負担がかかる

立っている時も寝ている時も、人間の背骨の形はゆるやかなS字カーブの状態が理想的です。
でも高い枕の上に顔をつけた状態でうつ伏せになると、腰が反った状態になってしまいますよね。これはS字カーブとは全く違う状態になっています。不自然な姿勢ということなので腰に負担がかかってしまうのです。毎日続けることで腰痛になってしまうでしょう。

 

このようなデメリットがあるたため、うつ伏せ寝を反対する方も多いのですね。うつ伏せ寝をしている方で、いつも首や腰が痛い場合には、うつ伏せ寝は向いていないのかもしれません。

 

 

うつぶせ寝をして良いの?悪いの?

うつぶせ寝をして良いの?悪いの?

うつ伏せ寝のメリット・デメリットをご説明してきました。うつ伏せ寝を推奨する派と推奨しない派がいるのも納得です。
それでは実際うつ伏せ寝は良いのでしょうか。悪いのでしょうか。

 

条件が整っていればうつ伏せ寝はOK!

うつ伏せで寝ることは決して間違った方法ではありません。しかし、いくつかの問題点をクリアする必要があるでしょう。

 

枕を使う

枕を使わずにうつ伏せ寝する方も多いですが、「胸が圧迫される」「肌が不衛生になる」などの問題があります。枕は必ず使うようにしたいですね。
特に胸の圧迫がひどい時には、枕を縦にしてその上に体を乗せた状態で寝ると良でしょう。

 

顔を左右どちらかに向ける

顔を真下にした状態でうつ伏せ寝する方もいますが、呼吸が苦しくなったり首が圧迫されてしまいます。顔は左右どちらかに向けるようにしましょう。枕のサイド部分に顔を乗せるようにすると楽な体勢になるでしょう。

 

清潔なタオルを敷く

うつ伏せ寝を続けることはお肌に良くありません。枕やマットレスは毎日洗濯できるものではありません。しかし大量の汗は皮脂を吸収しているためとても汚れているのです。そんな寝具に一晩中大切なお肌をくっつけておくのは嫌ですよね。そこでうつ伏せ寝にこだわりたい方は、枕の上に必ず清潔なタオルを敷いておくと良いでしょう。タオルなら毎日洗えるので清潔です。

 

 

うつ伏せ寝るにはオーダーメイド枕がおすすめ!

うつ伏せ寝るにはオーダーメイド枕がおすすめ!

うつ伏せ寝は必ずしもダメな寝姿勢ではありません。うつ伏せ寝にはメリットもたくさんあるので、上手にうつ伏せ寝ができれば効果定な寝方とも言えるのです。
そこでポイントになるのが枕です。
枕が高すぎると腰が反った状態になってしまいます。さらに、硬すぎる枕だと首や胸が圧迫されて苦痛になってしまいます。
オーダーメイド枕は、まず枕の高さを調整できるのが魅力です。さらに中の素材を選ぶこともできます。
うつぶせ寝が多い方、うつぶせ寝にこだわりたい方は、うつぶせ寝がスムーズにできるような高さや、うつ伏せの姿勢になった時に心地良い素材を選びましょう。うつ伏せ寝のためにカスタマイズした枕なら、きっと快適なうつぶせ寝になるでしょう。

 

 

今回は、うつ伏せ寝について考えてきました。睡眠中は仰向けか横向きで寝る方が多いですが、うつ伏せになって寝る方も少なくありません。うつ伏せ寝は賛否両論ある寝方ではありますが、正しくサポートしてくれる枕が見つかれば、うつ伏せ寝はもっと快適になるでしょう。オーダーメイドなら自分好みの高さや形にすることができるのでおすすめです。