横向き枕を考えているなら専用枕がおすすめ!

横向き枕を考えているなら専用枕がおすすめ!
仰向けや横向きやうつ伏せなど、寝る姿勢は色々ありますよね。どの寝方が正解ということはありません。それぞれにメリットデメリットがあるのです。しかしどの寝方にも言えることは正しい姿勢で寝ることです。そのために必要なのが、正しい姿勢をサポートしてくれる枕なのです。ここでは横向き寝についてご説明していきます。横向き寝の専用の横向き枕もおすすめしたいと思います。

 

 

横向き寝の正しい姿勢は?

横向き寝の正しい姿勢

仰向きの姿勢で寝る場合、体が横から見た時にゆるやかなS字カーブを描いているのが理想的です。しかし、横向きの場合にはカーブを描かずに真っ直ぐになっているのが理想的です。
枕に頭をのせた状態で、頚椎が真っ直ぐになっているのが正しい横向きの姿勢です。この状態が体全体に負担がかからない姿勢なので、リラックスして熟睡することができるのです。頚椎が不自然に曲がっていると、肩や首に負担がかかることになります。筋肉が緊張してこわばってしまうのです。これにより肩こりや首の痛みが生じることもあるでしょう。また、頚椎が歪むことで背骨全体の歪みにも繋がってしまいます。そのため腰痛の原因になることもあるのです。

 

 

横向き寝のメリットデメリットは?

横向き寝のメリットデメリット

横向き寝は腰痛やいびきの軽減に繋がるので理想的という意見もあれば、横向きは体に負担がかかりやすいからおすすめできないという意見もあります。
これはどちらも正しい意見と言えます。どの寝方にもメリットとデメリットがあるのです。横向き寝にもメリット、デメリットがあります。ご説明していきましょう。

 

 

横向き寝のメリットは?

まずは横向き寝のメリットから見ていきましょう。横向きは本当に良い寝姿勢なのでしょうか。

 

メリット

いびきが軽減される

横向きで寝る一番のメリットはいびきの軽減です。パートナーの方がいびきをかいている姿を想像してみてください。
いびきをかいている時は仰向けになっている体勢が多いのではないでしょうか。横向きでいびきをかいていることはあまりないと思います。
いびきとは、何らかの理由で気道が狭くなることで振動音が生じる仕組みになっています仰向けになると、重力で舌が奥のほうに落ち込んでしまいます。そのため舌が気道を狭くしてしまうのです。だからいびきが生じるのです。仰向けでガーガーいびきをかいているパートナーを横向きの体勢にしてあげると、いびきが止まることが多いです。
いびきは一緒に寝ている家族に迷惑をかけるだけでなく、熟睡できないことで疲れがとれなかったり、日中いつも眠いなどの支障が出てしまいます。さらに悪化すると睡眠時無呼吸症候群になることもあるのです。
このようなリスクを回避するためにも横向き寝がおすすめなのです。
特に太った人や顎が小さい人は、自然に気道が圧迫されやすい状態なのでいびきをかきやすいのです。横向き寝の習慣をつけることで、いびきが少しでも軽減したいですね。

 

メリット

胃腸に負担がかからない

横向きで寝る時に気になるのが、右向きのほうが良いのか?左向きのほうが良いのか?といことです。これは内臓への影響が関係します。
右側を下にして寝ることは、胃腸に負担がかからないというメリットがあります。胃の出口も下になるのでスムーズに消化されるようになるでしょう。胃から腸の間に食べ物が詰まることを防いでくれます。

 

 

横向き寝のデメリットは?

横向き寝のメリットは、いびきの軽減と胃腸の負担軽減がありました。それでは次にデメリットを見ていきましょう。

 

デメリット

腰や肩に負担がかかりやすい

横向きの体勢や仰向けの体勢に比べて、敷布団に触れる面積が少なくなります。そのため重みが分散されないので、肩や腰に負担がかかりやすいと言えます。肩こりや腰痛に繋がることもあるでしょう。

 

デメリット

体に歪みが出る

仰向けの場合は体の左右に同等に力が加わります。しかし横向き寝の場合は、左右どちらかの姿勢が続くことになります。そのため体の歪みが出てしまうこともあります。

 

デメリット

肌荒れなどの肌トラブルが起きる

横向きになると、枕に顔の左右どちらかがべったりついた状態になります。肌が一晩中枕カバーなどに触れていることは、あまりお肌によくありません。枕は汗や皮脂が染み込んでいるので、頻繁に洗濯をしていてもどうしても不衛生になりがちです。そのような部分に一晩中、肌をつけているのは良くありません。さらに、枕の肌がこすれることで肌刺激にもなってしまうでしょう。乾燥肌や肌荒れの原因になってしまうかもしれません。

 

デメリット

心臓を圧迫する

横向きに寝る時は右側を下にして寝ると良いと言われます。左側を下にすると、肝臓が心臓を圧迫してしまうためです。一晩中、右側を向いて寝るのは良くないです。

 

 

横向き寝のための枕の選び方は?

横向き寝のための枕の選び方

横向き寝のメリット、デメリットについてご説明してきました。いびき軽減や消化をスムーズにするメリットはありますが、腰や肩への負担や体の歪みなどのデメリットがあります。横向き寝のための枕を選ぶ時には、このデメリットを解消できる枕を探しましょう。そのポイントをご紹介していきましょう。

 

頭、首、肩を支える構造

横向き寝は、敷布団に接する面積が狭いことから体に負担がかかりやすい寝方とされています。しかし、理想の姿勢である頚椎が真っ直ぐの状態を維持することができれば、体への負担が軽減されるでしょう。そのためには頭、首、肩をしっかりサポートしてくれる構造が必要です。

 

横向きだけでなく仰向けも考慮した構造

寝ている間に、ほとんどの方は仰向けと横向きを繰り返しています。だから、横向きだけバッチリな枕では不十分です。仰向けになった場合にも理想の寝姿勢になれる枕が本当に良い枕と言えます。横向き寝だけでなく、仰向け寝にも適している構造が好ましいです。

 

寝返りしやすい構造

右側を下にして横向き寝をしていると胃腸が圧迫されないので消化がスムーズになるとされています。しかし、左側を下にしていると心臓が圧迫されるという難点があります。これを防ぐためには、適度に寝返りしやすい環境を作ることが大切です。左側だけでなく右側も向けるようにスムーズな寝返りがとれるような枕が良いでしょう。フラットタイプの枕や、ワイドタイプの枕が寝返りに最適とされています。真ん中が凹みすぎている枕、柔らかすぎる枕は頭が固定されてしまうため寝返りがうちにくくなるので気を付けましょう。

 

抱き枕も使ってみる

横向き寝をスムーズにする方法として、抱き枕があります。抱き枕を使うことで横向きの体勢が固定されるのです。リラックスして入眠できる効果もあるのでおすすめです。

 

横向き寝を快適にしたい場合は、このような横向き枕を探してみましょう。好きな形や高さが作れるオーダーメイド枕、横向き専用の横向き枕もおすすめです。

 

 

おすすめはYOKONE 3

おすすめはYOKONE 3

横向き枕として当サイトがおすすめするのは「YOKONE3」です。
横向き寝と寝返りを促してくれる枕として非常に人気の高いヒット商品です。YOKONEシリーズの中でも最新技術が詰まっているのがYOKONE3です。
頭、首、肩、腕の4点を支える技術により、快適な横向き姿勢が可能になりました。腕も支えられることで、心地良いフィット感があるのです。
ウレタン素材を利用することで適度な反発力も実現。横向きだけでなく、仰向けやうつ伏せの体勢も快適なのです。さら高さ調整の板で4段階の高さ調整も可能。オーダーメイド枕のように、自分だけにフィット感が叶います。
横向き寝をもっと快適にしたい方におすすめの枕です。

 

↓横寝理想の枕 公式はこちら↓

YOKONE3

 

 

 

今回は横向き寝についてご説明してきました。横向き寝は良い、悪いと諸説ありますが、重要なのは正しい横向きをサポートしてくれる枕です。横向き寝のメリット、デメリットを理解した上で、自分の体に合った横向き枕を探してください。