妊婦は抱き枕が必要?デリケートな時期なのでこだわりの枕を!

妊婦は抱き枕が必要?デリケートな時期なのでこだわりの枕を!

妊婦さんにとって枕は重要なものです。お腹が大きくなってくる妊婦さんは、だんだん寝るのが大変になってきます。いつもの枕と寝具だけではスムーズに眠れなくなってくるかもしれません。そんな妊婦さんに人気なのが「抱き枕」です。妊婦さんの心地良い眠りをしっかりサポートしてくれる優れものなのです。ここではデリケートな時期だからこそこだわりたい妊婦さんの枕について考えていきたいと思います。

 

 

妊婦さんがぐっすり眠るためにはどうすれば良い?

妊婦さんがぐっすり眠るためにはどうすれば良い

仰向け、横向き、うつ伏せなど様々な寝姿勢がありますが、大きいお腹の妊婦さんは寝る姿勢が限られてきます。妊婦さんがぐっすり眠るためにはどうすれば良いのでしょうか。
妊婦さんは、仰向けやうつ伏せはお腹の負担になるのでできなくなります。基本的に横向きで寝ることになります。
しかし、横向きになったからといって楽に寝れるわけではありません。妊婦さんにとって楽な姿勢を見つけるのは一苦労なのです。
色々な寝姿勢を試してみたり、サポートする寝具を工夫しながら安眠を手に入れましょう。

 

 

妊婦さんにおすすめの寝姿勢は?

妊婦さんにおすすめの寝姿勢は

赤ちゃんが生まれると、夜中に何度も起きて授乳をすることになります。その練習のために妊娠中は何度も夜中に目を覚ますようになると言われています。妊婦さんはぐっすり眠るのが難しくなるのです。だからこそ、理想の寝姿勢を見つけて少しでも安眠できるようにしたいです。


 

<h6>足を高くする

多くの妊婦さんがむくみに悩むことになります。さらに妊娠中は重い体重を支えるため足がとても疲れてしまいます。
そんな時には、足を少し高くして寝てみましょう。足の部分に重ねたバスタオルを置いたり、小さなクッションを置くと良いでしょう。

 

膝を曲げる

妊婦さんに多い症状として足のこむら返りがあります。普通の時でも足がつることがありますよね。妊娠中はホルモンバランスの乱れや骨盤の緩みによりこむら返りが起きやすくなります。
そんな時に効果的なのは、膝を曲げて寝ることです。血行が良くなるのでこむら返りを防ぐことができるのです。むくみ予防にも効果的です。

 

上半身を起こす

これは臨月になった時に効果的な寝姿勢です。
背中にクッションやまくらを重ねて、上半身を起こして寝る方法です。
臨月になると、子宮が大きくなり胃を押し上げて圧迫します。この圧迫感が苦しくて眠れない時に効果的です。

 

左側を下にする

横向きに寝る時に、左側を下にするとより心地良く眠ることができます。
左側を下にすると、心臓へむかう静脈の流れがスムーズになるからです。

 

シムス位

妊婦さんに良い寝姿勢として有名なのが「シムス位」です。妊婦さんなら聞いたことがあるでしょう。妊婦さんがより快適に眠れるための姿勢とされています。
まず、左右どちらかを下にして横になります。自分で楽なほうにしましょう。できれば、静脈の流れがスムーズになる左側が下になるのが良いです。
上側の足は曲げて前に出します。上側の手は力を抜いた状態で前に置きます。
下側の足はまっすぐ伸ばします。下側の手は頭の下に伸ばしましょう。
このような寝姿勢をキープすることで、体に負担がかからずに安眠できるとされています。

 

 

妊婦さんにおすすめの寝具は?

妊婦さんにおすすめの寝具

妊婦さんにおすすめの寝姿勢についてご説明してきました。このような寝方をするためには、理想の寝姿勢をサポートする寝具が必要になります。


 

座布団やクッション

足を高くしたり、上半身を起こしたり、横向きをスムーズにするために、座布団やクッションをたくさん使うと効果的です。特に小さいクッションだと調整しやすいのでおすすめです。

 

抱き枕

ある調査によると、妊婦さんの半分以上が抱き枕を使っているという結果が出ていました。抱き枕を使うことにより、スムーズに理想の寝姿勢になれて、その状態を一晩中キープすることができるからです。妊婦さんの必需品とも言えます。

 

妊婦さんにとってぐっすり眠ることはとても重要です。デリケートな時期に寝不足になるのは困りますよね。妊婦さん、赤ちゃんの健康のためにしっかり睡眠をとる必要があるのです。でも大きなお腹の妊婦さんは寝るのが大変。少しでも心地良く眠るために姿勢を工夫したり、寝具を工夫する必要があります。その中でも効果的なのが抱き枕ですね。自分にぴったりの抱き枕を見つけることができれば、安眠を手に入れられるかもしれませんね。

 

 

抱き枕のメリットデメリットは?

抱き枕のメリットデメリット

妊婦さんの安眠をサポートするために抱き枕が効果的です。ほとんどの妊婦さんが抱き枕を使用しています。
ここでそんな抱き枕のメリット、さらにデメリットも合わせてご説明したいと思います。

 

抱き枕のメリットは?

多くの妊婦さんが抱き枕を利用している理由は、以下のようなメリットがあるからです。

 

〇

横向き寝がスムーズになる

普通の状態なら簡単に横向きになれますよね。でも大きなお腹の妊婦さんは横向きになること自体が大変なのです。でも抱き枕にサポートされることで、スムーズに横向きの姿勢を維持することができます。

 

〇

色々なサポートに使うことができる

妊婦さんは、首、腰、足などに不調が出ます。座布団やクッションはそれぞれ一部分しかサポートできませんが、抱き枕なら体全体をサポートしてくれるのでとても便利です。

 

〇

シムス位がスムーズにできるから

妊婦さんに良いとされている寝姿勢としてシムス位があります。抱き枕はこのシムス位になるために最適なのです。シムス位を維持することでぐっすり眠ることができるでしょう。

 

〇

シムス腰痛を緩和してくれるから

多くの妊婦さんを悩ませる問題が腰痛です。
妊婦さんは、お腹が前に出ておしりが後ろに突き出した状態になります。つまり反り腰の状態になるのです。これは腰の筋肉を緊張状態にしてしまいます。抱き枕を使うことでこの反り腰を改善することができるので、腰痛緩和が期待できるのです。

 

〇

出産後も使うことができるから

妊婦さん用の抱き枕は、色々な用途に使えるものがあります。授乳クッションやお座り期の赤ちゃんの背もたれに使えたりします。色々なグッズを増やす必要がなくなるので便利です。

 

 

抱き枕のデメリットは?

抱き枕はやはりメリットがたくさんありますね。多くの妊婦さんが愛用しているのも納得です。でも以下のようなデメリットもあることを覚えておきましょう。

 

デメリット

体に負担がかかることもある

自分の体に合わない抱き枕を使っていると、逆に体に負担がかかることがあります。かえって腰や首を傷めてしまうこともあるのです。抱き枕を使う時には、自分の体にフィットしたものを選ぶ必要があります。

 

デメリット

産後邪魔になることもある

普通の枕に比べて抱き枕は大きなものです。出産後、授乳クッションなどとして使うこともできますが、赤ちゃんの成長するにつれて不要になってしまいます。そうなると置き場所に困り邪魔になってしまうこともあります。

 

このように、抱き枕にはメリットとデメリットがあります。自分に必要か不要か判断してから購入するようにしてください。

 

 

抱き枕を選ぶポイントは?

抱き枕を選ぶポイント

妊婦さんと抱き枕の関係についてご説明してきました。
最後に、抱き枕を選ぶ時のポイントをまとめていきたいと思います。ぜひ購入する時の参考にしてください。

 

自分にフィットする形

抱き枕なら何でも良いわけではありません。合う枕、合わない枕があるように、抱き枕も合うものを使うことが大切です。自分の体にフィットしたものを選ぶようにしたいです。お店でフィッティングしてから決めると良いでしょう。

 

柔らかさ

抱き枕は柔らかさが重要です。硬すぎたり柔らかすぎると体にフィットしません。実際に触ってきて自分の好みの柔らかさを選ぶようにしたいです。

 

肌ざわりの良さ

妊婦さんの肌はホルモンの関係によりデリケートになっています。普段お肌が強い方でも妊娠中はちょっとの刺激に肌が荒れてしまうこともあるのです。
抱き枕は顔をつけるものです。だから肌にやさしい素材のものが好ましいです。ゴワゴワした素材のものは避けたいです。

 

洗いやすさ

抱き枕は毎日使うものなので、汗や皮脂を吸収して汚れやすくなります。でも妊娠中のお肌はデリケートなので、いつも清潔な状態にしたいですよね。洗えないタイプの抱き枕だとメンテナンスが大変です。できれば丸洗いできるタイプのものがおすすめです。

 

マルチ機能

普通の抱き枕と違い、妊婦用の抱き枕は様々な用途に使えるタイプのものが多いです。授乳クッションや、赤ちゃん用の椅子に変身する抱き枕もあります。長く使いたい方は、抱き枕の機能だけでなくマルチ機能がついている商品を選ぶと良いでしょう。

 

 

枕には様々なタイプがありますが、抱き枕は妊婦さんに大人気の枕です。妊婦さんはお腹が大きいのでなかなか理想の寝姿勢になるのが難しいです。そんな妊婦さんをサポートしてくれるのが抱き枕なのです。お気に入りの抱き枕を手に入れてマタニティライフをもっと快適にしたいですね。