まくらぼのオーダーメイド枕の批判ってある?良い口コミが多い訳とは!

まくらぼのオーダーメイド枕の批判ってある?良い口コミが多い訳とは!

画像出典:まくらぼ https://www.makulab.jp/company/

「朝起きると肩や首が痛い」「いびきがひどいと指摘される」。そんな方に支持されているオーダーメイド枕がありました。まくらぼのオーダーメイド枕です。どこよりも自分好みの素材を選べる、どこよりも細かい測定をしてくれる等の魅力が口コミで広まっています。その人気の理由をご紹介していきましょう。
また非常に良い口コミが多いまくらぼですが、批判的な意見はないかどうかも合わせて調べてみたいと思います。

 

 

まくらぼとは?

まくらぼとは

画像出典:まくらぼ https://www.makulab.jp/estate/636/

まくらぼを販売しているのは株式会社大和屋ふとんです。2011年設立の比較的新しい会社です。
株式会社大和屋ふとんは「日本を朝から元気にする!」を目的としてまくらぼをスタートさせました。厚生労働省によると、日本人の4割弱が6時間未満の睡眠しかとれていないのです。さらに日本は世界ワースト2位の睡眠時間。
株式会社大和屋ふとんは、この不眠大国日本の現状を改善するために商品販売だけでなく、睡眠学セミナーを開講しています。また横浜Fマリノスの公式睡眠サポーター、ミス・ワールド・ジャパンの公式睡眠サポーターなどの活動も展開しているのです。
そんな株式会社大和屋ふとんの商品の中でも一番人気はオーダーメイド枕なのです。
まくらぼのオーダーメイド枕は2種類。レギュラーは25,000円、プレミアムは35,000円となっています。プレミアムタイプの枕は、片面がハニカムキルト地面、もう片面がコットンカバー面となっています。2つのタイプの肌触りを使い分けることができるのです。

 

 

まくらぼのオーダーメイド枕の口コミは?

まくらぼのオーダーメイド枕の口コミは?

まくらぼは多くのメディアで紹介されたり、接客コンテストで受賞するなど、知名度も実力もあるオーダーメイド枕です。
それでは実際に使った方はどのような感想をお持ちなのでしょうか。批判的なものはあるのでしょうか。気になる良い口コミ、悪いコミを見ていきましょう。

 

 

まくらぼのオーダーメイド枕の悪い口コミ

まずは批判的な意見がないか、悪い口コミから見てみましょう。

 

・親切な接客、細かくスムーズな測定だったのですが実際に寝てみると残念ながら驚きはありませんでした。また、肩こりも改善されませんでした。肩こりは姿勢の悪さが原因だと思っていたので予想はしていましたが…。しかし、主人は片頭痛がよくなったそうなので個人差があると思います。

 

まくらぼの口コミはとても評価が高く、批判的な口コミはほとんどありませんでした。しかし、この方のように「特に良さがわからなかった」という方もいます。また「肩や首の痛みが改善されなかった、逆に痛くなった」という方もいます。
体に合っていない枕を使っていると肩こりや首こりの原因になることが多いのですが、その他に理由があるケースもあるので、全ての肩こりや首の痛みが改善されるわけではないのです。
このような批判的な意見があることも把握しておきましょう。

 

 

まくらぼのオーダーメイド枕の良い口コミ

次に良い口コミを見てみましょう。ほとんどが高評価の意見でした。

 

・慣れない枕ではじめは不安だったのですが、使ってみたら驚きました!肩こりが前より気にならなくなりました。

 

・少し値段は高いですが、値段以上の効果を得ています。寝るのが楽しみ!

 

・スムーズに寝返りができてぐっすり眠れるようになりました。首の痛みも楽なった気がして。値段は高いですが、それに見合った価値があると思います。

 

このように、多くの方は喜びの声を寄せていました。
少し値段が高くても、その分睡眠の質が高くなるという声がお多いです。

 

 

まくらぼのオーダーメイド枕のメリット・デメリットは?

まくらぼのオーダーメイド枕のメリット・デメリットは?

まくらぼの口コミは全体的に良い口コミが多い印象を受けました。
それでは具体的にまくらぼにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
詳しく見ていきたいと思います。

 

 

まくらぼのオーダーメイド枕のメリット

まずは、まくらぼの魅力からご紹介していきたいと思います。

 

〇

10種類の中材から選ぶことができる

オーダーメイド枕の魅力は高さだけでなく、中の材料を選べることです。固め、フワフワ、通気性が良い、など自分好みの中材で作ってもらえるのです。
まくらぼの枕は8つのポケットに分かれており、その中に好きな中材を入れることになるのですが、驚くのがその種類の多さです。なんと10種類の中材から選ぶことができます。これは業界最多です。ソフトパイプ、ソフトパイプ・ラージ、粒わた、抗菌コルマビーズ、エラストマーパイプ、炭パイプ、ひのき粒、Ag+(銀イオン)パイプ、セラミック入りハードパイプ、トルマリンパイプの中からチョイスすることができます。
もちろん、プロのまくらアドバイザーが一つ一つの中材について説明してくれます。それでも「どれを選んだら良いかわからない!」という場合にはプロにお任せすることもできます。

 

〇

2mm単位で調整

オーダーメイド枕は高さの調整が命です。ほとんどのオーダーメイド枕は5mm単位での調整です。これでもかなり細かく理想の高さに近づけることができるのですが、まくらぼは2mm単位で調整が可能なんです。フィッティングしながら、まくらアドバイザーが何度でも丁寧に調整してくれます。
だから、究極のフィット感を得ることができるのです。
さらに、自宅で調整できる10mm高さのウレタンベースが2枚ついています。ちょっと高さが合わないなと感じた時には、わざわざお店に行かなくても自分で調節できるのが嬉しいですね。

 

 

まくらぼのオーダーメイド枕のデメリット

まくらぼはとてもメリットが多いオーダーメイド枕ですね。しかし、デメリットもあります。

 

〇

全国に店舗がない

オーダーメイド枕は、店舗できちんと測定してもらうことが前提です。WEBでギフト券は売っていますが、最終的には店舗に足を運ばなくてはいけません。
しかし、まくらぼの店舗は関東エリアが中心で全国規模ではないのです。
店舗があるのは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、静岡県、青森県、山形県、岩手県となっています。近くに店舗がない方は、いくらまくらぼの良さがわかっても購入するのが難しいです。

 

〇

中材の交換は有料

まくらぼのオーダーメイド枕は、永久無料メンテナンスを行っています。
どんなに細かく調整した枕でも、環境が変われば合わなくなります。
敷布団やマットレスが変わったり、体型が変わることもあるでしょう。そんな時には、店舗に枕を持っていけば無料で調整してもらうことができます。
ところが、中材を交換する時には有料になるのです。もちろん中材の交換を有料にしているオーダーメイド枕専門店もありますが、無料で交換できるところもあります。
まくらぼの場合、中材を部分的に交換すると1ポケットにつき1,000円(税別)、中材を全て交換すると5,000円(税別)となります。
中材は長く使うことで劣化していくものです。その度に有料になるのは痛いですね。

 

〇

寝具の営業をされることがある

まくらぼの店舗で販売しているのは、オーダーメイド枕だけではありません。
布団などの寝具も多く扱っています。オーダーメイド枕だけ買うつもりが、他の寝具にも興味が湧いて買ってしまったという方もいます。
実際にお店に行った方のブログや口コミを見ていると、このような「寝具の営業が嫌だった…」という方もいますね。
しかし、オーダーメイド枕に限らず、どんなお店でも他の商品への営業はあるのであまり身構える必要はないでしょう。

 

↓公式サイトはこちらから↓

まくらぼボタン

 

今回は、横浜Fマリノスやミス・ワールド・ジャパンの公式睡眠サポーターをしていることでも有名なまくらぼのオーダーメイド枕を取り上げてきました。業界最多の中材、2mm単位の調整で、理想的な枕がきっと手に入るでしょう。もちろんデメリットもあるので批判的な意見を持つ方もいると思いますが、総合的に魅力的なオーダーメイド枕であることは間違いないです。