フィットラボ FITLABO(西川オーダーメイド枕)の口コミが評判の訳!

フィットラボ

画像出典:フィットラボ https://www.fit-labo.com/

オーダーメイド枕のブランドを探していたら、あの「西川リビング」が展開しているブランド見つけました。「フィットラボ FITLABO」というオーダーメイド枕ブランドです。創業1566年の超老舗ブランドが手掛けるオーダーメイド枕をいうことで、やはり魅力の詰まった商品になっています。口コミ評価も良く、期待のできるオーダーメイド枕ですね。その魅力をご紹介したいと思います。

 

 

FITLABOとは?

FITLABOとは

画像出典:西川リビング株式会社 https://www.nishikawa-living.co.jp/

「西川」と言えば、布団、毛布、ベッド、カーテン、ベビー用品など非常に幅広い商品を販売していますよね。「西川」の商品を使っていれば間違いない感じがします。
そんな伝統、信頼、知名度のある西川リビング株式会社が手掛けるオーダーメイド枕ブランドが「フィットラボ」です。全国に取り扱い店舗があります。

 

西川リビングならではの人材&測定器!

西川リビングならではの人材&測定器

400年以上の歴史を持つ西川リビングは、長きにわたり日本人の「眠り」をサポートしてきました。その長年培ってきた知識や技術は、西川オーダーメイド枕の「快眠マイスター」「オリジナル測定器」に引き継がれているのです。

 

FITLABOには快眠マイスターがいる!

フィットラボは西川リビングの知識や技術を持った「快眠マイスター」が対応します。快眠マスターとは、測定器の取扱い技術、寝具、睡眠環境などに関する知識持った眠りのプロ。さらに、専門家というだけでなく、お客様に寄り添えるような親切丁寧な対応にも重きを置いています。
安心してオーダーメイド枕作りを任せることができます。

 

FITLABOには後ろと横から測れる測定器がある!

一般的なオーダーメイド枕の測定器は、背面を測定するものです。背中の面を測定することで仰向けの姿勢になった時の枕の高さを決めます。そして、出来上がった枕をフィッティングしながら、横向きになった時のフィット感をチェックするのです。
しかしフィットラボの測定器は背面だけでなく側面の計測もできます。だから横向きの状態の寝姿勢も緻密な調整をしてもらえます。
横向き寝の時にフィットした枕がほしい方におすすめです。

 

 

FITLABOではどうやって枕を作るの?

FITLABOではどうやって枕を作るの

画像出典:フィットラボ https://www.fit-labo.com/sleep/

フィットラボは優れた人材と測定器によってぴったりの枕を作ってくれます。その流れをご紹介しましょう。

 

カウンセリング

まず丁寧なカウンセリングの中で、普段抱えている睡眠の悩みを伝えます。

 

測定&製作

オリジナル測定器で体の背面と側面を測定します。そのデータにもとづき、その場で枕を作ります。
さらに体圧分布の測定を行います。自分の体のどの部分に負担がかかっているのか知ることができます。体型によって負担のかかる部分が違うので、理想の寝姿勢も変わってくるのです。

 

素材選び

5種類から中の素材を選び、6つのポケットに入れていきます。好みの硬さに合わせた素材を選びましょう。

 

フィッティング

実際に出来上がった枕で寝てみます。5mm単位で調整しながら納得できる寝心地の良さを追求します。

 

このような流れで、丁寧にオーダーメイド枕を作ってもらうことができます。経験豊富な快眠マスターが計測から製作まで担当してくれるので心強いです。

 

 

FITLABOの特徴は?

次は、フィットラボの他にはない特徴をご紹介したいと思います。西川オーダーメイド枕であるフィットラボが選ばれている理由でもあります。

 

 

仰向け&横向きを測定してくれる

普通のオーダーメイド枕は基本的に仰向け寝を基準に作られているのですが、フィットラボは仰向けと横向けのどちらも測定して高さを決めます。だから、寝返りをした時にもフィット感があるのです。
さらに実際にフィッティングしながら快眠マスターが細かな調整を行うので、心地良い寝姿勢を導いてくれるでしょう。

 

 

洗濯機で洗える

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われています。つまり、枕にもたくさんの汗が染み込んでいるのです。頻繁に洗って清潔にしておきたいです。
フィットラボの枕は水洗いすることができます。洗濯ネットに入れれば洗濯機で洗うこともできるんです。オーダーメイド枕は洗濯機で洗えないものが多いのですが、これなら簡単にメンテナンスできて嬉しいですね。ベース層だけは取り外すことになっているので注意してください。

 

 

10年サポートがついている

10年サポートがついている

購入してから10年間は、無料で高さの調整をしてもらうことができます。中材を増やしても料金はかかりません。また、有料になりますが他の種類の中材を変えたり、側生地やベース層を交換することができます。


 

 

測定だけでもOK!

測定だけでもOK

オーダーメイド枕は、お店に行って測定してもらい、そのデータをもとに自分だけの枕を作ってもらう流れが一般的になります。そして、実際にその枕でベッドに寝てみて微調整をしてもらい購入することになります。
ここで気になるのが「もしフィッティングしてみて全然合わなかったらどうしよう」ということです。どんなに微調整してもらっても納得できないこともあります。
フィットラボの良心的なところは「測定だけでもOK!」と案内しているところです。
他のオーダーメイド枕専門店でも、どうしても合わない時には購入しないこともできるとは思います。しかし、フィットラボはしっかりHPなどに「もし合わなかったら買わなくてもいいですよ」と表記されているのが嬉しいです。

 

 

西川オーダーメイド枕という安心感

オーダーメイド枕専門店が増えている中で、どのブランドの枕を選んだら良いか迷いますよね。
フィットラボは日本の超老舗の西川オーダーメイド枕という安心感が、大きな魅力かもしれませんね。特に年配の方は西川リビングに思い入れがある方も多いです。贈り物としても喜ばれる枕です。


 

 

FITLABOの口コミは?

他にはない魅力や特徴をご紹介してきましたが、気になるのは実際に使ってみて本当に良い睡眠を得られるのかということです。
ここで、フィットラボを愛用している方の意見を見てみましょう。

 

・30代男性の方
横向きで寝ることが多く、枕を使っていました。でも仰向けになると高すぎて首がいたくなっていました。フィットラボの枕を知り、一つで横向きも仰向きも対応なので驚きました。心地よく眠れています。

 

・60代女性の方
定期的にメンテナンスしてもらえるので、常にきもち良い状態で使うことができます。このことを考えると、結果的に安かったと思います。

 

・40代女性の方
偏頭痛、肩こり、首こりがひどく使い始めてみました。すぐに効果が出たわけではないのですが、いつの間にか首の辛さがなくなっていることに気が付きました。

 

・50代女性の方
首を痛めてから整体に通っていました。オーダーメイド枕を知りお店に行ってみることに。寝た瞬間にこれだと思いました。首まわりの高さと、中の材料が気持ち良くて感動しました。店員さんの説明もわかりやすかったです。

 

みなさん、フィットラボのオーダーメイド枕に満足していることがわかりますね。仰向きでも横向きでもフィットする形が安眠を導いてくれています。定期メンテナンスやスタッフの接客態度なども高評価です。

 

 

FITLABOの値段は?

FITLABOの値段は

最後に気になる値段を見てみましょう。
フィットラボのオーダーメイド枕は、レギュラーサイズとワイドサイズがあります。
レギュラーサイズは20,000円(税抜)、ワイドサイズは26,000円(税抜)です。
超老舗のオーダーメイド枕ということで、高級なものを想像していましたが、一般的なオーダーメイド枕の価格帯ですね。これに10年無料サポートがつくので、初期投資の金額としては妥当と言えますね。

 

↓公式サイトはこちらから↓

フィットラボ

 

今回は、西川オーダーメイド枕であるフィットラボのオーダーメイド枕をご紹介してきました。老舗メーカーのこだわりの詰まった枕ということで、非常にクオリティが高いです。仰向けだけでなく横向きでも快適な寝姿勢になれるのが魅力です。西川オーダーメイド枕という安心感も大きな魅力だと思いました。