枕の影響で緊張型頭痛や後頭部の痛み!メカニズムを知り枕の改善も!

枕の影響で緊張型頭痛や後頭部の痛み!メカニズムを知り枕の改善も!

オーダーメイド枕を使う目的は「ぐっすり気持ち良く眠りたいから」「すっきり目覚めたいから」など様々です。「頭痛を改善したいから」という理由でオーダーメイド枕を選ぶ方もいます。本当に枕を変えただけで頭痛が改善されるの?と思ってしまいますが、実際にオーダーメイド枕に変えた途端に頭痛が良くなったという方がたくさんいるのです。
ここでは頭痛と枕の関係について考えていきたいと思います。

 

 

頭痛の種類について

頭痛の種類について

頭痛と枕の関係を考える前に、まず頭痛の種類についてご説明したいと思います。
「頭が痛い」と言っても様々な種類があるんです。
頭痛は大きく2つに分けられています。
病気が原因ではない慢性頭痛が「一時性頭痛」、くも膜下出血や髄膜炎などの病気が原因の頭痛が「二次性頭痛」です。
私たちが普段の生活の中で「頭が痛い」という場合のほとんどが一時性頭痛です。なんと350種類もの頭痛があるとされています。
その中でも多いのが「片頭痛」「緊張性頭痛」です。

 

 

片頭痛とは

頭の片方がズキンズキンと痛むのが片頭痛と呼ばれるものです。体を動かすと痛みが強くなります。音や光に敏感になり、ひどくなると吐き気や嘔吐が伴うこともあります。
片頭痛がなぜ起きるのでしょうか?
実は明確な原因はわかっていません。脳の血管が拡張することで、その周りの三叉神経が刺激されて痛みが生じるとされています。
ストレスや睡眠不足、特定の食べ物、気圧の変化、女性ホルモンの乱れなどが原因ではないかと考えられていますが、明確な答えは出ていません。

 

 

緊張型頭とは

ぎゅーっと締め付けられたように頭の周りや後頭部の痛みが出るのが緊張型頭痛です。ヘルメットをかぶったような痛みと表現されることが多いです。
緊張型頭痛はなぜ起こるのでしょうか。
肩や首の筋肉が緊張状態になると、首筋、後頭部を中心に頭の周囲に圧迫感を感じます。
筋肉が収縮して血行が悪くなることで「乳酸」「ピルビン酸」という老廃物がたまりやすくなります。これらの成分が神経を刺激して痛みが生じるのです。
片頭痛は頭を動かすと痛みが増しますが、緊張型頭痛は頭を動かした方が筋肉の緊張が和らいでくるので、痛みが軽減されていきます。
緊張型頭痛は「筋肉が緊張すること」が原因です。
それではどんな時に筋肉が緊張するのでしょうか。
それは「無理な姿勢を長時間続けたとき」です。
デスクワークや運転などで筋肉に負担のかかるような無理な姿勢を長時間続けることが緊張型頭痛に繋がります。

 

頭痛の種類や原因についてご説明してきました。
私たちが日常生活の中で悩まされている頭痛は「片頭痛」と「緊張型頭痛」なのです。残念ながら片頭痛の原因はわかっていませんが、緊張型頭痛は「無理な姿勢を続けたとき」という原因がわかっています。まずは緊張性頭痛対策をしてみると頭痛が改善されるかもしれません。

 

 

頭痛と枕の関係について

頭痛と枕の関係について

頭痛の種類やメカニズムについてご説明してきました。
次に頭痛と枕の関係についてご説明していきましょう。
枕が関係している頭痛は「緊張性頭痛」です。
緊張性頭痛の原因は無理な姿勢を長時間続けていること。
これは起きている時だけでなく、寝ている時にも起こりえるのです。
その原因が「合わない枕」の場合が多くあります。
合わない高さの枕で寝ていると一晩中無理な姿勢を続けていることになります。これが緊張型頭痛の原因となる事も。
これが原因のときは、「正しい枕」にすることで緊張型頭痛が改善できる場合もあります。

 

枕が原因の頭痛を見分ける方法は?

いつも生じる頭痛が緊張性頭痛であれば、枕を変えることで改善できる可能性があります。でも片頭痛であれば、枕を変えても改善されないかもしれません。
緊張性頭痛か片頭痛か見分ける方法があります。
方頭痛は頭を動かすと痛みが増します。でも緊張性頭痛の場合には、頭を動かした方が筋肉の緊張が和らぐので痛みが減ってくるのです。
朝起きて頭痛がした時に、頭や体を動かしているうちに痛みが軽くなってきたら緊張性頭痛の可能性が高くなります。

 

 

オーダーメイド枕で頭痛を改善する方法は?

オーダーメイド枕で頭痛を改善する方法

体に合わない枕が頭痛を引き起こすメカニズムについておわかりいただけたでしょうか。
つまり、体に合うオーダーメイド枕を選ぶことで頭痛を改善することができる場合もあるのです。
どんな枕を選べば良いのかご説明していきましょう。

 

安定した姿勢になれる高さを選ぶ

緊張性頭痛の原因は睡眠中に無理な姿勢を続けているからです。
「無理な姿勢」とは、後頭部や首に負担がかかる姿勢のことです。
後頭部や首に負担をかかる理由は、敷き布団と頭部の間に隙間ができていることです。
この隙間を埋めるような高さと形状の枕にすることで、後頭部と首がしっかり支えられるので、無理のない「安定した姿勢」になれます。
オーダーメイド枕はいくつものポケットに分かれることで、複雑な高さ調整が可能になっています。だから自分だけの高さを調整することができて、安定した姿勢で睡眠できるようになるのです。
オーダーメイド枕は、一人一人の体を計測したデータをもとに理想の高さの枕を作ります。そしてその後実際にフィッティングしながら微調整をしていきます。このフィッティングの時にしっかりフィット感を確認してもらうようにしましょう。

 

正しい硬さを選ぶ

枕が硬すぎても柔らかすぎても「無理な姿勢」になってしまうのです。
オーダーメイド枕は高さだけでなく、中素材を選ぶこともできます。自分の好みだけで柔らかい素材、硬い素材を選ぶのではなく、オーダーメイド枕作りのプロに見極めてもらうと良いでしょう。体に無理な負担がかからない硬さの素材を選んでくれるでしょう。

 

 

朝起きた時に頭痛がする方は、枕を変えることでその辛い頭痛が改善されるかもしれません。頭の周りや後頭部が痛い緊張性頭痛の原因は、合わない枕で無理な寝姿勢を続けている場合があります。枕が原因の場合オーダーメイド枕はこの無理な姿勢を改善して理想の寝姿勢を導きます。まくらが原因でお悩みの方はぜひ枕を見直してみてください。