いびきの原因は枕の影響も!いびきでの原因と対策まとめ!

いびきの原因は枕の影響も!いびきでの原因と対策まとめ!

家族からいびきを指摘される方は多いのではないでしょうか。いびきをかいて寝ているとぐっすり眠れず疲れがとれないですよね。いびきをかいているということは、スムーズな呼吸ができていないので体がちゃんと休めていないのです。
そしてそんな辛いいびきは、枕と関係があるのです。枕を変えることでいびきが解消するかもしれません!いびきの原因、いびきと枕の関係についてご説明していきましょう。

 

 

いびきのメカニズムとは?

いびきのメカニズムとは

みなさんどうしていびきが出るか知っていますか?
普通の気道の状態であれば、呼吸するたびに空気が気道を通っても音はしません。
しかし、何らかの理由により気道が狭くなっていると、呼吸するたびに空気がスムーズに通らなくなり振動音が出るのです。ラッパなどの楽器が音を発するのと同じ仕組みです。
つまりいびきの原因は「気道が狭くなっているから」なのです。この気道を狭める原因こそがいびきの原因ということになります。

 

 

いびきの原因は?

気道が狭くなっていることでいびきが出る仕組みがおわかりいただけたと思います。
次に「気道が狭くなる原因」=「いびきが出る原因」についてご説明していきましょう。

 

肥満

肥満

太っている方は大きないびきをかくイメージがありますよね。肥満体型の人は、首の周りにも脂肪が多くついています。これが気道を狭くしてしまうのです。ダイエットして痩せたらいびきがなくなったという方は多いです。全身の脂肪がなくなることで首の脂肪も減り、気道が広がるからです。


 

口呼吸

口呼吸

人は基本的に鼻呼吸をしています。寝ている間も鼻呼吸をしているのが普通の状態なのですが、何らかの理由で口呼吸になってしまうことがあります。口呼吸をすると口が開いた状態になり、舌の位置が奥に落ち込んでしまうので、気道を狭くしてしまいます。
風邪などで鼻がつまっていることが原因で口呼吸になることが多いです。寝室が乾燥していると口呼吸になりやすいとも言われています。また普段から口呼吸する癖がある方もいます。


 

扁桃

扁桃

喉にあるリンパ組織である「扁桃」が大きくなっていることで、気道がふさがれてしまうケースもあります。生まれつき扁桃が大きい、炎症で扁桃が大きくなることもあります。


 

骨格

骨格

日本人は欧米人よりもいびきをかく人が多いと言われてします。それは、日本人は顎が小さいため気道が狭くなりやすいのです。顎が小さいために舌が顎の中に収まりきらず、奥の方に移動してしまいます。
小顔や顎が小さい女性は美しいとされていますが、いびきが出やすい骨格とも言えるのですね。


 

アルコール

アルコール

普段はいびきが出ないのに、お酒を飲んだ夜はいびきが出る方は多いですよね。
アルコールを飲むと体がリラックスします。アルコールには全身の筋肉を緩める効果があるからです。
舌を持ち上げる筋肉も緩んでしまうため、舌が奥に落ち込んでしまいます。これがいびきを引き起こすというわけです。


 

ストレートネック

ストレートネック

本来人間の首の骨は「く」の字のように穏やかにカーブした状態です。
ストレートネックとは、このカーブがまっすぐストレートの状態になっている首のことです。
前かがみの状態を長時間続けることで首、つまり頚椎がまっすぐになってしまうのです。最近はスマホやパソコンを使うことで、ストレートネックになる方が急増しています。
頭の重さは体重の10%もあり、とても重いものです。頚椎が「く」の字にカーブすることで、この頭の重さを分散して支えているのです。このカーブがストレートになることで、首や肩に大きな負担がかかってしまいます。肩こりや首の痛みだけでなく、頭痛やめまいなどの様々な症状を引き起こしてしまうのです。
そしてこのストレートネックはいびきの原因にもなります。顎が前に引けてしまう状態になり、気道が圧迫されて狭くなるのです。


 

枕の高さが合っていない

枕の高さが合っていない

合っていない枕がいびきを引き起こしているケースはとても多いと言われています。
高すぎる枕で寝ていると、顎が引けた状態になり喉が圧迫されて気道が狭くなります。
逆に高すぎる枕で寝ていると、舌が喉のほう落ち込むことで気道が狭められてしまいます。


 

 

枕でいびき対策ができるの?

枕でいびき対策ができるの?

いびきの原因についてご説明してきました。
「肥満」「口呼吸」「扁桃」「骨格」「アルコール」「ストレートネック」、そして「合わない枕」がいびきの原因とされています。様々なことがいびきを引き起こしているのですね。
それでは、この原因の中から枕を変えることで改善できるのはどれなのでしょうか。

 

枕で改善が難しい原因

「肥満」は脂肪が増えること、「アルコール」は筋肉が緩むこと、「扁桃」は扁桃が肥大することで、気道が狭くなっている状態です。
この場合は枕を変えたことで改善することは難しいでしょう。仰向けから横向けの寝姿勢にすることで、一時的に対処することはできますが、根本的な改善とは言えないですね。

 

枕で改善できる原因

「口呼吸」は口が開くことで、「骨格」は顎が狭いことで、「ストレートネック」「合わない枕」は姿勢が悪いことで舌が奥に落ち込み気道を狭くしている状態です。
これは枕の高さを正しくすることで改善ができる可能性があります。
舌が奥に落ち込まないように頭を安定させることで気道を塞ぐことがなくなるような場合はらいびきが改善される事に期待できます。
特にストレートネックは、寝姿勢を正しくすることでストレートネック自体を改善することも期待できるでしょう。

 

 

いびき対策ができる枕とは?

多くのいびきは枕を変えることで改善できることがおわかりいただけたと思います。
それでは、具体的にどんな枕がいびき対策できるのでしょうか。

 

正しい仰向けの寝姿勢ができる枕

正しい仰向けの寝姿勢ができる枕

枕が高すぎても低すぎても気道が圧迫されて細くなってしまいます。
気道が圧迫されずに呼吸がスムーズになる高さは10cmが理想的とされています。そして仰向けに寝た時に顔がやや斜めになるのがベストです。その角度は「約5度」です。


 

寝返りがしやすい枕

寝返りがしやすい枕

いびきの原因は横向きの寝姿勢になることで改善されます。
しかしスムーズに寝返りできない枕だと仰向けの状態を続けてしまうのです。
寝返りしやすいようにワイド設計になっている枕が良いでしょう。


 

正しい横向きの寝姿勢ができる枕

正しい横向きの寝姿勢ができる枕

横向きの寝姿勢が心地よくないと、横向きの状態を維持しにくくなります。寝返りをした後に、横向きの体勢を維持できるような枕が良いでしょう。
頭、首、肩が一直線になっている姿勢が理想的です。


 

 

おすすめはオーダーメイド枕!

マイ枕 レギュラーサイズ

(画像出典:マイ枕 https://www.mymakura.com/

正しい仰向け、寝返り、横向きができる枕に変えることで、いびきを改善することも期待できます。
でも「10cmの高さ、5度の角度と言われてもよくわからない…」という方も多いでしょう。自分で自分の寝る姿勢を見て判断するのはちょっと難しいですよね。
そこでおすすめなのがオーダーメイド枕です。
オーダーメイド枕は、専門スタッフが首や肩や頭の高さを計測した上で、理想の高さを作ります。さらにフィッティングしながら、本当に良い寝姿勢が維持できるか確認しながら微調整を重ねるのです。
オーダーメイド枕を作る時には、仰向け、横向けの両方の姿勢にフィットする高さを求めていきます。
だから気道を圧迫しない姿勢が導かれて、改善できる可能性を秘めています。

 

↓理想の枕ならマイ枕 公式はこちら↓

マイ枕ボタン

 

 

おすすめはYOKONE3

おすすめはYOKONE3

(画像出典:YOKONE3 https://intiinti.com/lp/yokone3_02a/

いびき改善を目的とした枕を使ってみるのもおすすめです。
その中でも人気が高いが「TOKONE 3」です。その名の通り横向き寝をサポートしていびきを改善するための枕です。頭、首、肩、腕の4点を支える技術でフィット感を追求。
横向きに寝ることで気道を確保してスムーズな呼吸を導きます。
オーダーメイド枕ではありませんが、高さ調整の板がついているので、4段階の高さにすることができます。
価格は18,000円(税別)。一般的なオーダーメイド枕よりはリーズナブルとなっています。

 

↓横寝理想の枕 公式はこちら↓

YOKONE3

 

いびきでお悩みの方は枕を見直してみると良いかもしれません。合わない枕が原因で起きるいびきを改善できるのはもちろんですが、口呼吸、骨格、ストレートネックなどが原因で生じるいびきを改善することもできるでしょう。