無呼吸症候群は枕改善の他にも注意すべきこと!質の良い睡眠を!

無呼吸症候群は枕改善の他にも注意すべきこと!質の良い睡眠を!

家族からいびきがうるさいと指摘される、朝すっきり起きることができない、という方はいませんか?もしかしたら、それは「睡眠時無呼吸症候群」という病気かもしれません。睡眠時無呼吸症候群になってしまうと、すっきり眠れないだけでなく、高血圧、心筋梗塞、糖尿病などの合併症を引き起こす原因になってしまうのです。枕を改善することで無呼吸症候群を防ぐことができると言われていますが、それ以外にも注意すべきことがあります。ご説明していきましょう。

 

 

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まってしまう病気です。
眠っている状態で、気道の空気の流れが止まった状態が10秒以上続くことは「無呼吸」とされます。
7時間の睡眠中に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上「無呼吸」があれば、睡眠時無呼吸と診断されます。
しかし、無呼吸の状態は眠っている間に起きることなので自分で気が付くことは難しいですよね。だから気が付かないうちに進行していて治療開始が遅れてしまうことも少なくありません。
睡眠時無呼吸症候群を早期発見すべき理由は、様々な合併症を引き起こすものだからです。睡眠時無呼吸症候群になると、高血圧、心筋梗塞、糖尿病、不整脈、脳血管障害などの病気を誘発してしまうとされています。

 

睡眠時無呼吸症候群に見られる症状とは?

睡眠時無呼吸症候群に見られる症状とは

睡眠時無呼吸症候群は知らないうちに進行しているケースが多いと言われています。そして深刻な合併症を引き起こしてしまうのです。
ただのいびきだと思わずに早期発見できるようにしたいですね。
以下のような項目が睡眠時無呼吸症候群に見られる症状です。

  • 大きないびきをかく
  • 呼吸が止まる
  • 呼吸が乱れて苦しくなる
  • 夜中に目が覚める
  • 起床時に口が渇いている
  • 起床時に頭痛がする
  • 起床時に疲れがとれていない
  • 日中に眠気を感じる
  • 集中力が低下する

このような項目に該当する方は無呼吸症候群の可能性があります。
普通のいびきと睡眠時無呼吸症候群のいびきの違いは「大きないびきをかく」「呼吸が止まる」「呼吸が乱れて苦しくなる」です。家族がいびきをかいている時には、この3点がないか確認してみてください。
また、睡眠時無呼吸症候群は熟睡することができません。そのため夜中に目が覚めたり、頭痛、疲れがとれていない、日中にも眠気を感じたり集中力が低下したりするのです。
また、人間は鼻呼吸が通常なのですが、睡眠時無呼吸症候群の場合には口呼吸になっています。そのため起きた時に口の渇きを感じるのです。
セルフチェック、家族のチェックをしてみてくださいね。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の原因は?

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群には3つのタイプがあり、それぞれのタイプごとに原因が違います。

 

閉塞性睡眠時無呼吸

1つ目は「閉塞性睡眠時無呼吸」タイプです。
空気の通り道である上気道が物理的に狭くなることが原因で呼吸が止まってしまうケースです。睡眠時無呼吸症候群の患者のほとんどがこのタイプです。
上気道が物理的に狭くなる原因として、まず「肥満」があります。
実際太っている人が睡眠時無呼吸症候群になる可能性が高いとされています。首回りに脂肪がつくことで気道を狭めてしまうのです。
また「小顔」が原因の場合もあります。太っている人がいびきをかきやすいと思われていますが、実は顎が細い小顔の方もいびきをかきやすいのです。顎に舌がおさまりきらない為に、舌が喉の奥に落ち込んでしまいます。そして気道を狭めてしまうのです。
さらに「扁桃肥大」が原因で気道がふさがれてしまうこともあります。

 

中枢性睡眠時無呼吸

2つ目は「中枢性睡眠時無呼吸」タイプです。
脳血管障害などにより脳から呼吸指令が出せないことが原因で、呼吸運動ができなくなるのです。これは睡眠時無呼吸症候群の稀なケースと言えます。

 

混合性睡眠時無呼吸症候群

3つ目は「混合性睡眠時無呼吸症候群」のタイプ。閉塞性睡眠時無呼吸タイプと中枢性睡眠時無呼吸タイプが混合している状態のことです。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の対策は?

睡眠時無呼吸症候群の対策

睡眠時無呼吸症候群は3つのタイプがあり、その原因を防ぐことで睡眠時無呼吸症候群対策ができるのです。
中枢性睡眠時無呼吸の原因は脳障害に関わるものなので、医師の判断を仰ぐ必要があります。
閉塞性睡眠時無呼吸タイプ、混合性睡眠時無呼吸症候群の原因である「気道が狭くなっていること」を改善するためには以下のような対策が挙げられます。

 

CPAP

睡眠時無呼吸症候群の治療としては、CPAPという装置を使ったものが一般的です。空気を送るための装置+エアチューブ+鼻に装着するマスクによる医療機器です。
装置から絶えず空気を送り続けることで気道を開き、無呼吸を防ぎます。マスクを装着したまま眠ることに違和感はあるのですが、非常に有効な治療法として推奨されています。
最近は睡眠外来も増えています。症状がひどい場合にはぜひ一度受診してみることをおすすめします。

 

マウスピース

顎が小さいことが原因の場合には、専用のマウスピースを装着するのも効果的です。舌が喉に落ち込まないようにサポートしてくれるのです。
根本ケアにはなりませんが、即効性がある改善策と言えます。

 

扁桃摘出手術

喉の奥にある扁桃が大きいことが原因である場合には、扁桃摘出手術が行われることもあります。生まれつき扁桃が肥大している方は摘出するのが最善とされています。

 

ダイエット

肥満が原因の場合には、とにかく痩せることが一番です。全身痩せることが理想ですが、舌のストレッチなどで喉周りを痩せることも効果的です。

 

アルコールを控える

アルコールを飲むと全身の筋肉がリラックスした状態になります。喉まわりの筋肉も緩めてしまうため、舌が喉の奥に落ち込んで気道を塞いでしまいます。太っている、顎が小さい、扁桃が大きい方が、さらにアルコールを飲むと睡眠時無呼吸症候群の症状を悪化させてしまうでしょう。アルコールを控える努力をしたいです。

 

寝る姿勢を見直す

寝る時の姿勢が悪いことで、無呼吸症候群を悪化させると言われています。
敷き布団や敷きマットなども大切ですが、枕を変えることも取り入れたい項目です。

 

正しい高さの枕に変える

正しい高さの枕に変える

肥満、顎が小さい、扁桃肥大が気道を狭めてしまい呼吸を妨げることになります。そして無呼吸の状態になるのです。
さらに枕が高すぎると、顎が引けた姿勢になってしまい、気道が圧迫されます。無呼吸を引き起こしやすくなってしまいます。
気道が圧迫されない枕の高さは10cmとされています。そして仰向けに寝た時に顔が約5度になるのが理想的です。

 

横向き寝しやすい枕に変える

横向き寝しやすい枕に変える

睡眠時無呼吸症候群の原因が肥満である場合には、横向きの姿勢で寝ることで改善される人もいます。
仰向けでいびきをかいている家族の体勢を横向きにすると、いびきをかかなくなったという経験はありませんか?
仰向きで寝ると舌が喉の奥に落ち込み気道が狭くなりやすくなります。肥満で気道が狭い状態の場合には、さらに気道が狭くなってしまうのです。
横向きの姿勢になることで気道のスペースが確保されるのでいびきや無呼吸を防ぐことがでる可能性もあります。
スムーズに寝返りができる枕、横向き寝しやすい枕を変えることで、睡眠時無呼吸症候群を緩和することもあります。

 

 

睡眠時無呼吸症候群にもオーダーメイド枕が良い?

オーダーメイド枕

睡眠時無呼吸症候群の原因や対策についてご説明してきました。無呼吸症候群を引き起こしている原因を知り、正しい対策をしていきたいですね。
その上で、枕を変えてみるのも良い方法です。
ポイントは「自分に合った高さ」「横向きになりやすい形」である枕。
これを叶えてくれる枕としてオーダーメイド枕がおすすめです。
オーダーメイド枕は自分の体型に合わせた高さ、形状にカスタマイズすることが可能です。だからオーダーメイド枕にすることで無呼吸で悩んでいる人にも向いています。理想の寝姿勢が可能になり、一晩中その姿勢を維持することができるのです。

 

 

睡眠中の恐い病気として「睡眠時無呼吸症候群」があります。ただのいびきと似た症状であること、寝ている間のことなのでセルフチェックしにくいことから、早期発見が難しいと言われています。しかしそのままにしていると合併症を引き起こすこともあるので、セルフチェックや家族同士でチェックすることで改善に努めたいです。スムーズな呼吸を助けるためのオーダーメイド枕に変えることも一つです。