寝返りで目覚める原因は枕にあるかも!おすすめは寝返りが上手にできる枕!

寝返りで目覚める原因は枕にあるかも!おすすめは寝返りが上手にできる枕!

ぐっすり眠ることができると、1日快活に過ごすことができますよね。でも夜中に何度も目を覚ましてしまったり熟睡できないと、どんなに睡眠時間が長くてもスッキリしません。どうしてぐっすり眠れる時と眠れない時があるのでしょうか。その理由の一つに「寝返り」があります。寝返りがスムーズにできていないと夜中に目を覚ましてしまったり、疲労感が残ってしまうのです。さらにその寝返りには枕が関係しているというのです。
ここでは、寝返りと枕の関係についてご説明したいと思います。

 

 

寝返りはどうしてするの?

どうして寝返りをするのか考えてことはありますか?
何度も寝返りをしているとぐっすり熟睡できていないと思われがちですが、実は寝返りは熟睡するためにとても重要な役割があるのです。
寝返りせずにずっと同じ体勢で寝ているほうが熟睡できません。人は一晩で20回以上は寝返りをしなければいけないのです。

 

血流の流れを良くする

血流の流れを良くする

質の高い睡眠のためには「血流の流れ」を整えることがとても重要です。
日中は脳に集中している血液ですが、夜になり就寝すると体中をめぐり出します。血液によって酸素などの栄養が行き渡るようになるのです。
これにより体の各所やお肌が修復されます。疲れた体やお肌が修復されて元気にリセットすることができるのです。
しかし、同じ姿勢を続けて寝ていると、腰や背中の特定の部分だけが圧迫されるため、血流の流れ悪くなります。
だから寝たきりの人はずっと同じ体勢で寝ているため床ずれが起きやすくなるのです。
また、同じ姿勢で運転を続けているとお尻が痛くなりますよね。これもお尻だけに体重がかかることでお尻が圧迫されて血流が悪くなっているからです。

 

そんな睡眠中の同じ姿勢を回避するのが、寝返りというわけです。寝返りすることで、特定の部分だけに体重がかかるのを防ぎ、血流を良くしてくれます。

 

睡眠サイクルを整える

睡眠サイクルを整える

人間は、一晩中浅い眠りのレム睡眠と深眠りのノンレム睡眠を繰り返しています。質の良い睡眠のためにはレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが整っていることが大切です。
レム睡眠とノンレム睡眠はそれぞれ約90分ずつ交互に繰りか返すのが理想です。極端にレム睡眠が長かったりノンレム睡眠長いと質の良い睡眠になりません。
寝返りはそんなレム睡眠とノンレム睡眠の切り替えスイッチのような役割があります。レム睡眠からノンレム睡眠に切り替わる時、レム睡眠が終わる時に寝返りが起きるのです。寝返りすることで、スムーズに眠りのサイクルが切り変わり質の良い睡眠になれるのです。

 

このようにただゴロンと動いているだけに見える寝返りですが、とても重要な役割があるのです。「血行をよくして健康・美容の効果を高める」「睡眠のリズムを整える」ために寝返りがとても大切なのですね。

 

 

寝返りには枕が重要!

寝返りには枕が重要

寝返りの重要性についてご説明してきました。質の良い睡眠のため、健康と美容のために寝返りが不可欠なものです。
そしてこの寝返りを上手にするためのカギが「枕」なのです。

 

枕が合っていないと寝返りがスムーズにできない

間違った枕を使っていると寝返りが上手にできなくなります。寝返り回数が減ってしまうことで、血流が滞ったり、睡眠リズムが乱れてしまうのです。

 

枕が合っていないと寝返りのたびに起きてしまう

枕が合っていないと寝返りが不快なものになってしまうデメリットもあります。寝返りの度に無理な体勢になることで、目覚めてしまうのです。
また自分の体に対して枕が小さいと、寝返りの度に頭がゴロンと落ちてしまいます。その衝撃で目を覚ましてしまうことも多いでしょう。
寝返りの度に起きてしまう方は枕が合っていない可能性を考えてみてください。

 

 

寝返りが上手にできる枕とは?

寝返りが上手にできる枕

寝返りを妨げる枕を使っている方は多いと言われています。だからどんなに長時間睡眠をとっていてもぐっすり眠れず、スッキリ起きれないのです。
それではどんな枕だと上手に寝返りができるのでしょうか。

 

十分な大きさがある

みなさん、自分の体に合った大きさの枕を使っていますか?
枕の硬さやデザインなどは気にしていても、意外と大きさは気にしていない方が多いのです。
枕の大きさは35cm×55cmの小さめサイズ、43cm×63cmの標準サイズ、50cm×70cmのゆったりサイズがあります。メーカーによってもっと様々なサイズ展開もあります。
しっかり寝返りできる幅のある枕でなければいけません。
いつもぐっすり眠れないのに、ホテルで寝るとぐっすり眠れたということがありませんか?それは枕が原因かもしれません。ホテルの枕はゆったりサイズなので、いつも使っている標準サイズの枕よりも大きい場合が多いです。ワイドサイズになり左右に余裕ができるので、のびのび寝返りすることができるのです。だから上手に寝返りができて快眠できるのです。

 

フラットな枕

頭がすっぽりはまるような形状の枕があります。そのような枕は仰向けで寝る時には安定感があり良いのですが、寝返りには向いていません。寝返りをスムーズにしたいのであればフラットな枕がベストです。さらにワイドサイズだと良いでしょう。

 

高さがちょうどよい

上手に寝返りするためには、枕の高さが重要です。枕が低いと容易に寝返りができなくなります。だから寝返りする度に違和感を感じて目を覚ましてしまうことがあるのです。
寝返りの度に起きてしまう方は、枕の高さを見直してみましょう。

 

 

マイ枕の「寝返り美人枕」で上手な寝返りを!

マイ枕の「寝返り美人枕」で上手な寝返りを

画像出典:マイ枕 https://www.mymakura.com/SHOP/negaeribijinmakura.html

上手な寝返りを叶えるためには、大きさ、形状、高さなどがポイントであることをご説明してきました。
当サイトがおすすめする寝返りのための枕は、その名も「寝返り美人枕 デラックス」。
オーダーメイド枕が大人気のマイ枕から販売されているホームメイド枕です。11,880円で販売されています。
オーダーメイドタイプの枕ではありませんが、三層構造になっており、中材を出し入れして高さ調整が可能。寝返りに最適な高さが設定できるでしょう。
寝返りをしっかりサポートできるようにもちもち、ふわふわな弾力を実現。さらにゆったりサイズなので、寝返りして頭が落ちる心配もありません。
話題の枕、寝返り美人枕 デラックスはこちらからチェックしてみてください。

 

↓横寝理想の枕 公式はこちら↓

YOKONE3

 

 

 

睡眠中、無意識のうちに行っている寝返り。快眠するためには、上手に寝返りすることがとても大切です。血行を良くすることで健康、美容維持に役立ったり、睡眠リズムを整えて質の高い睡眠を導く役割りもあります。そして上手に寝返りするために必要なのが、正しい枕を使うことです。おすすめは、マイ枕の寝返り美人枕です。ぜひチェックしてみてください。