硬い・柔らかい枕のメリットデメリット!枕選びは中身も知って理想の硬さを!

硬い・柔らかい枕のメリットデメリット!枕選びは中身も知って理想の硬さを!

みなさんの枕は硬いですか?それとも柔らかいですか?しっかり硬さのある枕がお好きな方もいれば、ふわっと包み込んでくれるような柔らかい枕がお好きな方もいますよね。「硬い枕のほうが体に負担がかからない」「柔らかい枕のほうが熟睡できる」など色々な意見があります。それでは実際に良い枕とは硬い枕なのでしょうか。柔らかい枕なのでしょうか。それぞれのメリットデメリットをご説明しながら、理想の枕の硬さについて考えていきたいと思います。

 

 

硬い枕とは?

硬い枕とは?

硬い枕の中身は、そば殻、パイプ、備長炭パイプなどがあります。ずっしりと重量感があるタイプの枕が多いです。

 

 

硬い枕のメリットは?

ホテルのふかふかの枕だと眠れないという硬い枕派の方は多いですよね。硬い枕には以下のようなメリットがあります。

 

メリット

頭を支えてくれる

やわかい枕に頭を乗せる気持ち良いですが、頭が沈んでしまい寝姿勢が悪くなることがあります。硬い枕は重い頭をしっかり支えてくれるので、頭が沈んでしまう心配がありません。

 

メリット

寝返りしやすい

寝返りは快眠のために非常に重要な条件です。人は一晩に20回以上寝返りをするのが理想的です。寝返りすることで、血流を良くしたり、睡眠サイクルを整える効果があるのです。だから寝返りが少ないとぐっすり快眠することができません。寝返りが少ないと肩や腰の痛みにも繋がります。
柔らかい枕は頭が沈んでしまい寝返りがうちにくいとされています。硬い枕はスムーズに寝返りができるというメリットが大きいです。

 

メリット

通気性が良い素材が多い

硬い枕の素材であるパイプやそば殻は通気性が良いです。汗をかきやすい方にも嬉しい素材です。夏の暑い時期でも涼しく眠ることができるでしょう。
またパイプ素材は丸洗いできるものがほとんどなので、メンテナンスしやすいというメリットもあります。

 

 

硬い枕のデメリットは?

硬い枕にはやはりメリットがたくさんありました。硬い枕好きの方が多いのも納得です。でも、硬い枕にはデメリットもたくさんあるのです。

 

デメリット

感触が良くない

ホテルにあるようなふかふかの柔らかい枕は、非常に気持ちが良い感触です。それに比べて硬い枕の感触はあまり良くありません。またそば殻、パイプなどの素材は、素材同士がぶつかる音がするのです。この音が嫌な方も多いです。いつも柔らかい枕で寝ている方が硬い枕を使うとはじめは違和感があるでしょう。

 

デメリット

頭がぐらぐらして安定しない

あまり硬すぎない素材の枕であれば良いのですが、硬すぎる枕の場合には頭が安定しません。全く頭が枕に沈まない状態になるので、頭のグラブらしておさまりが悪くなってしまうのです。

 

デメリット

保温性がない素材が多い

硬い枕は、通気性が良い素材が多いです。だから夏は涼しく快適なのですが、寒い時期には向いていません。保温性がないので柔らかい枕よりも寒く感じるでしょう。暑がりの人や夏場には向いていますが、寒がりの人、冬場には向いていないかもしれません。

 

 

このように、硬い素材の枕にはメリットもデメリットもあります。
「頭が沈んでしまう柔らかさが苦手な方」、「寝返りが少なくて肩や腰が痛くなる方」、「汗をかきやすい方」におすすめです。

 

 

柔らかい枕とは?

柔らかい枕とは?

次に柔らかい枕について見ていきましょう。
柔らかい枕の中身は、ポリエステル綿、つぶ綿、羽毛、羽根、クラッシュラテックスなどがあります。

 

 

柔らかい枕のメリットは?

ホテルや旅館にあるふかっふかの枕はとても気持ちが良いですよね。高級感や贅沢感を得られる枕でもあります。その他、やわらかい枕のメリットから見ていきましょう。

 

メリット

感触が気持ち良い

柔らかい枕の一番の魅力やふわふわした柔らかさでしょう。特に羽毛の素材には贅沢な柔らかさがあります。一度柔らかい枕のふかふか感を知ってしまうと、硬い枕に戻れないかもしれません。

 

メリット

フィット感がある

やわらかい枕はふわっと頭の重みを受け止めてくれるので、重さが分散されます。頭、首、肩全体で体を支える状態になるのです。どこか1点に重さが集中すると負担がかかり、首や肩が痛くなります。やわらかい枕にはその心配がありません。
また、硬い枕にはないフィット感があるのも魅力です。頭や首がしっかりフィットするので頭が安定します。

 

メリット

冬も暖かい

柔らかい枕は硬い枕の素材に比べて暖かい素材が多いです。ふわっと頭を包み込むことで、さらに暖かく感じるのでしょう。冬場には気持ち良い暖かさが手に入ります。

 

 

柔らかい枕のデメリットは?

柔らかい枕のメリットが、そのままデメリットにもなってしまいます。以下のデメリットを見てみましょう。

 

デメリット

頭が沈みすぎる

柔らかい枕は頭が沈みます。適度な沈みであれば良いですが、柔らかすぎる素材は、頭が沈みすぎてしまいます。理想の寝姿勢は、頭が約5度傾いた状態です。柔らかすぎる枕だとこの自然な傾きにならないでしょう。

 

デメリット

柔らかすぎると安定しない

柔らかすぐる枕は、頭がしっかり安定しません。ふんわりフカフカした枕は、寝る時は気持ち良いのですが、朝起きた時に首や肩が痛くなることもあります。これは、一晩中頭が安定していないからでしょう。

 

デメリット

寝返りがしにくい

柔らかい枕は寝返りがうちにくいというデメリットがあります。
硬い地面の上はスムーズに走れても、柔らかい砂の上は砂の抵抗があって早く走れません。
ふかふかの柔らかい枕もこれと同じことが言えます。
また、寝返りをする時に余分に力が必要になります。その無駄なエネルギーが快眠を妨げることになるのです。

 

 

柔らかい枕のメリットとデメリットをご説明してきました。硬い枕にはない気持ち良さと温かさが柔らかい枕の魅力です。でも、柔らかすぎる素材は理想の寝姿勢の妨げとなることもあります。

 

 

枕の理想の硬さを見つけるためには?

枕の理想の硬さを見つけるためには?

硬い枕のメリットデメリット、柔らかい枕のメリットデメリットについてご説明してきました。それぞれが良い点悪い点あります。さらに、その人の好みや体型によって良し悪しが変わってきます。だから一概に固い枕が良い、柔らかい枕が良いとい判断はつけられないでしょう。自分にとって理想の硬さを見つけるためには、以下のようなことを考えるのがポイントです。

 

理想の寝姿勢になれる硬さであるか?

その人にとって理想の硬さとは、理想の寝姿勢になれる枕です。スムーズに理想の寝姿勢になれて、かつその姿勢が一晩中維持できることが好ましいです。
そんな理想の寝姿勢を導いてくれる硬さを見つけましょう。

 

寝返りがスムーズにできる硬さであるか?

快眠のために必要なのは、適度に寝返りすることです。
柔らかすぎる枕は頭が沈んでしまい寝返りがしにくいです。これが睡眠の質を下げてしまうのです。寝返りがスムーズにできる硬さを選びましょう。

 

好みの触感であるか?

どんなに硬い枕が良いと言われても、硬い枕は居心地が悪いという方もいるでしょう。枕の素材を選ぶ基準として、非常に重要なのが好みの触感、好みの硬さであるか否かです。やはり気持ち良いと感じられる枕を使うとぐっすり眠ることができるでしょう。
人が気持ち良いと感じる硬さは、人間の体の硬さと言われています。誰かに抱きついているような硬さをイメージして硬さ選びをすると良いかもしれません。

 

 

オーダーメイド枕で理想の硬さを見つけよう!

オーダーメイド枕で理想の硬さを見つけよう

自分に合った枕の硬さを選ぶためには、「正しい寝姿勢になれること」「寝返りがしやすいこと」「好みの触感であること」がポイントです。
でも自分の正しい寝姿勢ってよくわからないですよね。だからその姿勢になるためにはどの硬さがベストなのかもわかりません。
また、枕の硬さは実際に寝てみないと分かりません。売られている枕を触ってみて硬さを確認しても、実際に横たわり頭を乗せてみると感じ方が違ってきます。
そこでおすすめなのがオーダーメイド枕です。
オーダーメイド枕は、まず体を測定してもらうので、自分の理想の寝る姿勢がわかります。その姿勢になれるような素材を選ぶことになります。
さらに、実際に寝た状態で枕をフィッティングするので、硬さを細かくチェックすることができるのです。自分にぴったりの硬さを見つけることができるでしょう。

 

 

硬い枕が好きな方、柔らかい枕が好きな方に分かれますよね。もちろん自分の好きな硬さという基準だけで選ぶのは悪いことではありません。でも良い寝姿勢になれているか?寝返りがしやすいか?なども考えた上で硬さを選ぶようにしたいですね。おすすめは枕のプロが測定、フィッティングをしてくれるオーダーメイド枕です。