枕の通気性は大切!素材を厳選し頭が群れない枕を選ぼう!

枕の通気性は大切!素材を厳選し頭が群れない枕を選ぼう!

快適な睡眠を得るためには、快適な枕を使う必要がありますよね。快適な枕にするための条件は色々ありますが、大切な要因の一つであるのが「通気性」です。頭が蒸れない枕は、心地良い眠りを導いてくれるでしょう。それでは、通気性の良い枕を選ぶためにはどうすれば良いのでしょうか。それは通気性の良い中素材を選ぶこと、通気性が良くなる条件の枕を選ぶことです。詳しくご説明していきたいと思います。

 

 

通気性の悪い枕はどうしてダメなの?

枕の通気性とは、枕の布の気孔を(小さな穴)を空気が通過する移動性のことです。布の密度や厚みなどの条件によって、通過する空気の量が変わってきます。通気の抵抗がない枕は、枕の中をスムーズに空気が通り抜けていくのです。
衣服の場合でも、通気性の良い服、悪い服がありますよね。夏場は通気性の良い服だと涼しく過ごすことができます。逆に冬は通気性が良い服が寒くてダメです。
枕の場合には、通気性は良いものとして認識されることが多いです。そもそも、どうして枕に通気性が必要なのでしょうか。

 

 

熟睡できない

熟睡できない

通気性が悪いと、頭の熱が放出されないので蒸れてしまいます。
通気性の良いスニーカーに比べて、足が蒸れるブーツの方が履き心地が悪いですよね。蒸れるということは、一般的に不快なものです。蒸れた枕で寝ていると、熟睡できなかったり、夜中に何度も目を覚ましてしまうかもしれません。
夏場はたくさんの汗をかくため、さらに蒸された状態になります。寝苦しくて眠れないと、日中の生活にも支障が出てしまいます。夏バテな上に睡眠不足になってしまうのは辛いです。


 

不衛生になる

不衛生になる

通気性が悪く、蒸れた状態の枕は非常に不衛生と言えます。
カビやダニは湿気を好む性質があります。さらに、枕はカビやダニの餌となる皮脂やフケなどもあるので、繁殖するには絶好の場所となってしまうのです。
通気性の悪い枕は、カビや汗の汚れがつきやすくなり非常に不衛生です。さらにダニに噛まれたりアレルギーを発症するなどのリスクもあるでしょう。


 

このように、通気性が悪いと非常に良くない環境になってしまうのです。逆に通気性の良い枕にすれば、衛生さと心地良い眠りが手に入るでしょう。

 

 

通気性の良い枕とは?

それでは、通気性の良い枕とはどんな枕なのでしょうか。
それは「通気性の良い中素材の枕」「熱を逃がしてくれる枕」です。
この2つのポイントについて見ていきましょう。

 

通気性の良い中素材の枕

通気性の良い中素材の枕

枕に使われている中素材は実に様々です。それぞれ感触、機能性、価格などが大きく変わってきます。
通気性に焦点を当てて分類すると、通気性の良い素材は「パイプ」「そば殻」「羽根」「ラテックス」などがあります。通気性の悪い素材は「高反発ウレタン」「低反発ウレタン」「ポリエステルわた」などがあります。
通気性の良い中素材は、熱をためこまない機能、熱を逃がす機能を備えています。枕の中をすーすーと空気が通り抜けるので、枕の蒸れを防いだり、ダニやカビが発生しにくい環境を作ってくれるのです。

 

 

熱を逃がしてくれる枕

熱を逃がしてくれる枕

通気性の良い枕の条件の条件は、通気性の良い中素材であることです。しかしこれだけでは十分ではありません。
体から出た熱は、すぐに中素材に影響を与えるわけではありません。衣服→枕カバー→中素材と移動していくため、中素材の通気性が良いだけでは不十分なのです。
そこで必要になるのが「枕の熱を逃がしてくれる」機能です。
枕が蒸れるのは、頭が枕に密着しているからです。この面積が大きい方が、頭からの熱が枕に伝わるので蒸れていきます。
この頭の熱による蒸れを防ぐためには、その熱を逃がしてあげる必要があるのです。その方法が「寝返り」です。ずっと同じ体勢で寝ていると、頭を枕が長時間密着するため、どんどん熱がこもってしまいます。でも寝返りをすれば、その度に枕と頭が接している面から熱が逃げていきます。
だから寝返りがうちやすい枕にする必要があるのです。そうすれば熱がこもらないので、頭の蒸れや、カビ・ダニを防ぐことができるでしょう。

 

 

通気性を求めるならオーダーメイド枕がおすすめ!

枕の通気性の条件は、「通気性の良い中素材の枕」「熱を逃がしてくれる枕」です。
この2つの条件が揃っていれば頭の蒸れない枕と言えるでしょう。
そこでおすすめなのが、オーダーメイド枕です。オーダーメイド枕なら、この2つの条件を叶えてくれます。

 

中素材を選べる

中素材を選べる

オーダーメイド枕は、基本的に中素材を自由に選ぶことができます。通気性を重視したいのであれば、パイプやそば殻などの素材を選びましょう。
さらに、オーダーメイド枕の特徴は、中素材がいくつかのポケットに分かれているところです。頭の部分、左右の部分、首の部分などのポケットが連結した構造になっています。そしてそれぞれのポケットに好みの素材を入れることができるのです。
だから、汗をかきやすい頭の部分だけ通気性のある素材、左右は寝心地の良さを重視した柔らかい素材など、カスタマイズすることができるのです。

 

寝返りがうちやすい枕が作れる

寝返りがうちやすい枕が作れる

通気性を良くするためには、寝返りで熱を放出することが効果的です。
でも、寝返りがうちやすい枕と言われても実施にどんな枕を選べば良いのかわからないです。
オーダーメイド枕なら、専門スタッフがスムーズに寝返りできるような高さに調整してくれるのです。枕が古くなってきて高さが変わった時には、中素材を足して高さ調整することも可能です。市販の枕より価格が高くても、長期的に考えるとコスパが良いのです。

 

 

いかがでしたでしょうか。
良い枕の条件の一つに「通気性」があります。心地良い睡眠、衛生的な枕のためには通気性の良い枕であることが重要なのです。そのためには、中素材の見直し、寝返りしやすい枕にすることが効果的です。そして、それを叶えてくれるのがオーダーメイド枕です。頭が蒸れない爽やかな枕でぐっすり眠りたい方は、オーダーメイド枕を考えてみてはいかがでしょうか。