いびき・肩こりで悩んでいる方、枕なしで寝る方法も選択肢として有り?

いびき・肩こりで悩んでいる方、枕なしで寝る方法も選択肢として有り?

最近、質の良い睡眠のための枕を求める方が増えています。自分に合った枕を見つけるために色々な枕を試している方も多いでしょう。でも、そもそも枕って必ず必要なものなのでしょうか?「枕がないほうがいびきや肩こりがなくなる」という情報もよく聞きます。枕なしで寝る方法は選択としてとして有りなのでしょうか?無しなのでしょうか?ここでは枕無しについて考えていきたいと思います。

 

 

枕はどうして必要なのか?

枕無しが有りか無しか考えるために、まず枕の必要性について考えてみたいと思います。
普段当たり前のように使っている枕ですが、どんな役割があるのでしょうか。

 

 

理想の寝姿勢をサポートするため

理想の寝姿勢をサポートするため

枕の役割は、ぐっすり気持ち良く眠れることです。良い睡眠のためには理想の寝姿勢で眠ることが条件となります。不自然な姿勢で寝ていると、体の様々な部分に負担がかかることになり快眠できないのです。起きた時に肩こりや首が痛くなることもあります。
立っている姿勢をそのまま横にした姿勢が理想の寝姿勢とされています。
人間は重い頭を支えながら二足歩行できるように、背骨がなだらかなS字カーブになっています。仰向けになった時に、このS字カーブが維持できれば良いということです。

このS字カーブが実現できるようにサポートしてくれるのが枕なのです。
直立した姿勢をそのまま横にすると、首と敷布団の間に数センチの隙間ができますよね。この部分を埋めてサポートするのが枕本来の役割です。

 

 

理想の寝姿勢になれれば枕は必要ない

理想の寝姿勢になれれば枕は必要ない

枕は理想の寝姿勢をサポートするために必要なものです。
逆に、もし枕がなくても理想の寝姿勢になれるのであれば、枕無しでも良いのです。
枕無しでも理想の寝る姿勢になれる条件について考えてみましょう。

 

マットレスの柔らかさが理想の寝る姿勢にしてくれる

体が適度に沈み込むような柔らかいマットレスがあります。その場合には、マットレスがS字カーブの隙間を埋めてくれて、理想の寝姿勢をサポートしてくれるのです。
この場合には枕がなくても良いということになります。

 

タオルを使うことで理想の寝る姿勢になれる

首や肩の高さや形には個人差がありますよね。ストレートネックの方や、猫背の方は、高い枕を使うよりも、タオルを敷いただけのほうが理想の寝姿勢になれるケースがあります。丁度良い高さと頭の角度になるように枕を重ねてみましょう。
この場合も、枕なしで寝るのがOKのケースと言えます。

 

頭の形によっては理想の寝姿勢になれる

後頭部がフラットの方、絶壁の方は多いです。後頭部が平らだと、仰向けになった時に敷布団に接する面が広くなります。つまり頭の重さが分散されるのです。このような頭の形の方の場合は、枕が無くても体に負担がかかりにくいのです。このような体型の方も枕がなくても良いケースと言えます。

 

枕の役割について考えてみると、枕無しで寝るのが「あり」なケースがわかってきました。マットレスが柔らかい場合、タオルだけの方が理想の寝姿勢になる場合、後頭部が平らな場合は、枕なしで寝ることができるでしょう。このようなケースでは、枕を使ったほうが居心地が悪いと感じるかもしれません。

 

 

いびきと肩こりには枕なしが良いの?

枕なしが有りとされるケースについてご説明してきました。
それでは、よく言われている「枕なしでいびきや肩こりがなくなる」というのは本当なのでしょうか。
枕なしと「いびき」「肩こり」について考えてみたいと思います。

 

 

枕なしでいびきが治る?

いびき

ひどいいびきに悩まされている方が枕なしにしたことで、嘘のようにいびきがなくなった!という話を聞きます。これはどうしてなのでしょうか。
まずいびきの原因について考えてみましょう。
いびきは何らかの理由により気道が狭くなることで、空気がスムーズに流れなくなることで起きる振動音です。
気道が狭くなる原因は肥満や鼻づまりなど様々なのですが、その一つに「高すぎる枕」があります。枕が高すぎると顎が引けてしまい気道が圧迫されるのです。だから空気の流れが悪くなりいびきが生じます。
このような高すぎる枕によるいびきの方は、枕なしにすることで気道の圧迫が解消されていびきが改善されるのです。これが「枕なしによりいびきが改善された」仕組みです。
一度試してみる価値はあります。
でも高すぎる枕以外にいびきの原因がある場合には、改善されないこともあるでしょう。

 

 

枕なしで肩こりが治る?

肩こり

枕なしで寝ることが肩こりが改善されたというケースもあります。
これも「高すぎる枕」が原因と思われます。
枕が高すぎると首が前に傾いた状態になります。これはパソコンやスマホが原因で起きる「ストレートネック」と同じ状態です。猫背のように背中が丸まった状態です。
この体勢は首にとって非常にストレスになっているのです。一晩中首が緊張状態になるため、起きた時に肩こりがひどくなってしまうのです。
そのため、高すぎる枕を使わないことで首の緊張が緩和されることがあるのです。
枕がないほうがストレートネックに効果的と言われるのもこのような理由からです。

 

高すぎる枕を使っている場合は枕なしが効果的!

高すぎる枕を使っている場合は枕なしが効果的

高すぎる枕は様々な不調を引き起こしてしまいます。典型的なものがいびきや肩こりです。高すぎる枕が原因でいびきや肩こりが生じている場合には、枕なしにすることでその原因が改善されることもあるでしょう。
心当たりがある方は、ぜひ一晩枕なしで寝てみてください。
しかし、これは「高すぎる枕よりは、枕なしのほうが快適」ということです。
枕なしよりも、自分に合った高さの枕のほうが快適になるかもしれません。

 

 

枕なしのデメリットは?

枕なしのデメリットは

枕なしでも理想の寝姿勢になれる場合、高すぎる枕を使っている場合には、枕なしは「有り」ということがおわかりいただけたと思います。
しかしそれ以外の場合は、枕なしは「無し」とも言えます。枕なしには以下のようなデメリットがあるからです。

 

首のシワ

枕がないと、ずっと顎が引けた状態が続くことになります。実際にやってみていただくとわかると思うのですが、首にシワができてしまいますよね。一晩中毎日続くことで、首にしっかりシワがついてしまう可能性があります。

 

首や肩が痛くなる

枕なしの状態では基本的に理想の寝姿勢にはなれません。つまり首や肩などに負担がかかることになります。これにより首の痛みや肩こり、さらには頭痛や腰痛を引き起こす原因にもなってしまいます。

 

横向き寝がしにくい

枕がないと横向きで寝るのは難しくなりますよね。横を向いて寝ることが多い、横向き寝が好きという方の場合には、枕なしはおすすめしません。寝姿勢が定まらずになかなか寝付けないでしょう。

 

このように、枕なしにはデメリットもたくさんありますね。枕なしで寝てみて、上記のような不具合を感じた時には枕ありの睡眠に戻すようにしたいです。

 

 

今回は「枕なし」について考えてきました。快眠のために枕は絶対必要だという意見もあれば、枕がないほうが快眠できるという意見もあります。当サイトが出した結論は、枕なしが「有り」のケースもあるが、それ以外の場合は「無し」ということです。自分にとって枕が必要か否か見極めることが大切ですね。より心地良い睡眠を手に入れるために色々な工夫をしていきたいです。