枕の捨て方!そばがらやポリエステル、低反発など燃えるゴミで処分?

枕の捨て方!そばがらやポリエステル、低反発など燃えるゴミで処分?

汚れた枕やぺちゃんこになった枕はどうしていますか?不衛生な枕やへたって低くなった枕で寝ていると熟睡できません。枕がダメになってしまったら、新しい枕を買い替えるようにしましょう。それでは不要になった枕はどうすれば良いのでしょうか。ここでは、枕の捨て方、処分方法についてご説明したいと思います。

 

 

不要になった枕はどうすれば良い?

不要になった枕はどうすれば良い?

枕の寿命は意外と短いことをご存知ですか?使われている素材によってバラつきがありますが、1年〜3年くらいが平均的な寿命とされています。
枕は使っていくうちに愛着がわいてきてしまうのでなかなか捨てられなくなってしまう方も多いでしょう。しかし、枕の素材は使い続けているとへたってしまったり壊れてしまうため、だんだん寝心地が悪くなってしまいます。我慢して使い続けていると、安眠の妨げになってしまいます。不調を感じ始めたら買い替えるようにしましょう。
それでは不要になった枕はどうすれば良いのでしょうか。
一般的に不要になった枕が捨てることになります。
リサイクルするという選択肢もありますが、一度使用した中古の枕はなかなか売れません。中素材を取り出して小さなクッションなどにリメイクする方法もありますが、捨てると判断した枕の中素材はすでに劣化していることがほとんどです。
もったいないですが、破棄するのが無難な方法でしょう。

 

 

枕の捨て方は?

新しい枕に買い替えたいけれど、今使っている枕の捨て方がわからないという方もいるでしょう。捨て方がわからないから、使っていない枕をそのままクローゼットにしまってある方もいるかもしれません。
枕の捨て方は大きく分けて3つの方法があります。
「燃えるゴミ」「不燃ゴミ」「粗大ゴミ」として捨てる方法です。

 

 

枕の大きさを考える

枕の大きさを考える

枕の大きさによって捨て方が変わります。


 

指定のゴミ袋に入る場合

指定のゴミ袋に入る大きさであれば、燃えるゴミor不燃ゴミとして捨てることができます。ゴミ袋に入れて近所のごみ集積所に捨てましょう。

 

指定のゴミ袋に入らない場合

指定のゴミ袋に入らない大きさであれば、粗大ゴミとして捨てることになります。
粗大ゴミに出す場合には、まず市町村指定の粗大ゴミシールを購入しましょう。その上で指定の電話番号に連絡をして回収の依頼をする流れになります。場所と日時を指定されるので、その場所に粗大ゴミシールを貼った枕を置いておきます。
詳しい内容は市町村ごとに異なる場合はあるので、WEBサイトなどで確認してみてください。
粗大ゴミだと面倒だから、枕を切り刻んで指定ゴミ袋に入れようと思う方もいるかもしれません。その方法も間違いではありません。コンパクトにすることで指定ゴミ袋に入るのであれば近所のごみ集積所に出すことができます。
しかし、風水的に直接肌に触れるものは自分の分身だという考え方もあるんです。だから、実際はあまり切らずに粗大ゴミに出す方が多いようです。
中の素材が飛び出てしまって切りづらいという問題もあります。

 

枕の素材を考える

枕の素材を考える

指定ゴミ袋に入る大きさの枕である場合、燃えるゴミなのか不燃ごみなのかを考えなければいけません。
枕の素材は実に様々。そばがらのような天然素材からポリエステル、低反発まで幅広いのです。捨てる方法も変わってきます。
燃えるゴミで処分する枕の素材、不燃ゴミで処分する枕を見ていきましょう。


 

天然素材の枕:羽毛、羽根、そば殻

高級感のある羽毛や、昔ながらのそば殻など、天然素材を使った枕は燃えるゴミで捨てます。羽毛や羽根はボリュームがあって袋に入らない場合もあります。その場合は、ビニール紐なので縛ってから入れるとコンパクトになります。

 

プラスチック製の枕:パイプ、コルマ、わた

プラスチック製の素材は不燃ゴミになります。代表的なものはパイプやコロマです。ポリエステルわたの枕も多いですが、ポリエステルもプラスチックゴミと分類されることがほとんどです。

 

ビーズ枕

むにゅむにゅ感がたまらないビーズ枕は不燃ゴミになります。ビーズ素材は抱き枕など大きな枕にもよく使われる素材ですよね。大きくて指定ゴミ袋に入らないから切って入れようと考える方もいるかもしれません。でも、ビーズ素材は切ると中身が飛び出してきて処理が大変です。できれば切らずに捨てることをおすすめします。

 

低反発枕

何とも言えないフィット感と反発力がクセになる低反発枕。人気の高い枕ですがあまり長持ちする素材ではありません。反発力が弱まりやすく、水に弱いことから壊れやすいという難点もあります。そのため処分する機会も多くなるのです。
低反発枕は、市町村によって違いがあります。不燃ゴミ扱いの自治体が多いですが、燃えるゴミの自治体もあります。低反発枕を捨てる時には、市町村のHPなどから確認する必要があります。

 

以上4つのタイプの素材のゴミ分類についてご説明してきました。しかし、ブラスチック製でも燃えるゴミ対応に加工されている素材もあります。逆に天然素材であっても不燃ゴミ扱いになることもあります。
ここでご紹介した情報を参考にしていただきながら、実際に捨てる時には市町村のHPを確認してみてください。

 

普段捨てないものを捨てる時は、何ゴミとして捨てるべきなのか迷ってしまいますよね。枕の捨て方を判断する方法は「大きさ」と「素材」です。枕は頻繁に買い替える消耗品でもあります。購入する時には、捨てる方法も考慮した上でどんな大きさの枕にするか、どんな素材の枕にするか決めると良いかもしれません。